「落日は燃えているか」

サワイ・ワールドのブロ愚をお楽しみください。
失われた「契り」でしょうか?ネ!。
0

     ここ深大寺の朝は、昨日の暑さ?が残って15℃(5時半)とドット暖でしょうか?ネ。皆様方の所は如何でしょうか?。暑くなりましたが、マダマダ寒暖の差も大きく、お互い十二分に気を付けて、元気に春爛漫の季節を楽しみましょう。それにしても、日替わりのように「名も知らぬ」花々が咲き乱れ、「大自然の契り」の絶対性を、不思議で異常な愚老に教えてくれています。「契り」。20日の愚老のブロ愚では、「忘年の契り」とやりましたが、サンチョ厚生省大神からの要請は、「忘年の“交わり”では?」とありました。不思議で異常な愚老の心配は、「契り」は男女間だけか?、「“違い込み”なら訂正だ!」でしたが、大丈夫でしたネ。「亡年の契り」がありました。「演出家、蜷川幸雄氏(享年80)のめいで女優兼画家の蜷川有紀(57)が5月16日に交際中の作家で元東京都知事、猪瀬直樹氏(71)と婚約することが20日、分かった。」と(サンケイスポーツ)が21日付で報じていました。不思議で異常な愚老が愚老のブロ愚で「忘年の契り」を書いたのが前日の朝です。不思議な適合で、「予言的中!」と独りほくそ笑んでいました。それにしても「契り」、パソケンです。

     ちぎること。約束。誓い。「師弟の契り」。
     男女が情交すること。「一夜の契り」。
     前世から定められた宿縁。因縁。「二世(にせ)の契り」。
    とありました。安心!。「男と女」だけでなく、人と人、組織と人、生徒と先生、親と子等々「人間の世界は、すべて“契り”で成立」しているのでしょうか?ネ。<約束も、誓いも無しに契ります>哲子。「あえて交わしていない約束」も=“契り”でしょうか?ネ。イイのがありました。これも、会社・組織・上下の「暗黙の“契り”」でしょう。岡山県の山陽新聞コラム20付の「滴一滴」です。「1972年の沖縄返還を巡る日米の密約を暴露した毎日新聞の男性記者は、入手元の外務省女性事務官とともに逮捕された。国家公務員法違反に問われた裁判では、『情を通じて入手した』(検察側)取材手法が問題にされ、2人は有罪となった。外務省機密漏洩(ろうえい)事件である。」。と始まったコラムは、「密約は国民への重大な背信だが、男女関係に論点がすり替わり、『知る権利』への国民の支持は広がらなかった。」と忘れられつつある「暴露記事」の解説で、「わが国報道界には苦い歴史の一こまであろう。」と断じたコラム子は、「同じ頃、米国では国防総省がひた隠しにしていたベトナム戦争の秘密報告書が、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストによって暴かれている。『ペンタゴン・ペーパーズ』と呼ばれる▼ニクソン政権は露骨な圧力を掛けたが、報道の自由と政府の主張する国益の対決は、連邦最高裁で報道側に軍配が上がる。」と宗主国の実状も紹介したコラム子は、「スティーブン・スピルバーグ監督が実話を元に映画化し、現在上映中だ。」と新作映画も紹介してくれます。さらにコラム子は書き進んで、「こうした政権や官僚のうそを暴くのが、ジャーナリズムの役割なのは言うまでもない。女性記者にセクハラをしたとされる財務省トップのあしき素行も、『証拠の音声』が表に出なければ見逃されていた▼外部に渡した記者の行為に批判もあろうが、『報道は難しい』と上司から言われたという。『君を守る。真実を明らかにしよう』。毅然(きぜん)と判断していればまた違ったろう。」と会社・上司を弾劾してコラムを閉じています。「そだねー!“契り”への背信・裏切りだねー!。」と可愛い「凜女」の声が聴こえています。被害者であるべき女性記者は、永田町の、霞ヶ関の、報道組織の「男社会からの背信・裏切り」にあって、今やいわれなき「加害者状態」に置かれているようですネ。何時まで経っても「差別無し・平等」は「蕎麦屋の釜」でしょうか?ネ。「♪ああそれなのにそれなのに、ねェ?」、現状は「差別だ!」「区別は詭弁だ!」と「かけごえばかり」でしょうか?ネ。今頃になって「テレ朝が厳重抗議」だとォ?。不思議で異常な愚老の「弛緩湯沸し器」が作動し始めていました。これ免罪符!、これ「落語」でいう「手遅れ!」でSHOW化?ネ。不思議で異常な愚老が何時も申し上げています。これこそが、この邦の「政・官・財・報・専プラス有」の劣化状態を示すもので証果?ネ。「“契り”を失って、ヤマト民族よ!何処へ往く」。と言ったところでしょうか?ネ。そこで今日は一首です。

    咲いたのか咲かずに散ったか花々の 

               浄土の空に月残りたり≫禮道。「八十路のロマン」とは?=虚しいものなのでしょうか?ネ。不思議で異常な愚老が昔むかし覚えた言葉が現状にピッタリ、しかし今口にしますと「セクハラ」「差別」になるのでしょうか?ネ。「女のヒステリー!だよ」。

    皆様方は、どのような一句をお詠みですか?。

     皆様方の「」で、「生命の星」から「貧困と戦争」を駆逐したいと、愚老も強く祈念します。「五里霧」の先に見える「永遠の明日」を信じて…。又明日です。デワデワ、でわ。

    | - | 05:45 | comments(0) | - |
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ