<< 立野先生がお送り下さった「シチリアのお写真」です!。 | main | 今日は、「節分」ですネ!。 >>
2019.02.02 Saturday

今日は、ニュースアラカルトです!。

0

     ここ深大寺の朝は、晴れて−2℃(5時半)と怒ドット寒で、一昨日の夜のチョコットお湿りの後、昨日はもう「乾燥注意報」が張り付いていました。皆様方のところは如何でしょうか?。マダマダ寒さは続きますが、十二分に気を付けて元気に「魔冬」を乗りきりましょう。昨日の愚老のブロ愚ですが、立野先生がお正月の「シチリアの旅」で撮られたお写真と、一昨夜頂いたメールの報告で、愚老のブロ愚をご愛読下さいます皆様方には、「メールを頂いたので、お写真の掲載になったのか?。」と想われたお方も多かったのでは…。しかしこれが偶然で、お写真は前もって昨日の為に用意してありました。魔訶不思議で異常な愚老的には、“偶然”は、次の“奇跡”を呼ぶ!が愚老の「ゼンクス(善のジンクス)」ですので、“奇跡”への期待が大きくなっています。

    【明治大学連携講座】「文学の扉をひ らく〜九州柳川・土佐物部川・近江 若狭を旅する〜」。講師;明治大学名誉教授 立野 正裕氏。講座内容;「放浪と望郷、流離の境涯に生きる。」)霧暁鮟「この道はいつか来た道」吉井勇「咲け、 御在所山の山桜」0羮緻『星と祭』滋賀琵琶湖の十一面観音に何を見たかた緇緤 若州一 滴文庫を訪ねて「たった一人の君のために」タ緇緤戞惴轍藁郎遒寮験供戮鯆匹辰董峭錣瓠 今生の別れのときを」水上勉 農民画家渡邊淳との出会い「この谷の土を食らい、風に吹か れて生きる」※テキスト:雑誌『トルソー』第4号(初回にお渡しします)。開催日時;4/3・17、5 /8・29、6 /12・26 (毎回水曜日)。「14時〜16時」。と「府中生涯学習センターのHP」にありました。近いうちに、「府中の生涯学習センター」へ行き、「受講料」を払って申し込みをしてきますが、もう「ワクドキ」で4月3日が待ち遠しく「爪先立って」いますが…。今日は、「お寒く」・「悲しい」ニュースが五本で、一本目ですが、【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は30日、FOXニュースのインタビューで、2月下旬に予定するトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の再会談の開催地に関し「アジアのどこかでやる」と明言した。具体的な国名は挙げなかった。米メディアなどによると、開催地にはベトナムやタイが浮上している。」と【共同通信】が伝えていましたが、魔訶不思議で異常な愚老は、「何故?日本開催を呼びかけないのか?」と不思議で異常なアベノナイカクの姿勢を、不思議で異常だ、と感じていますが…。トランプと、プーチンと、「密接関係」とアッピールすると同じように、北にもアベノナイカクの姿勢をアッピールするだけでも、効果ありで、「それが政治だ!」と例の愚老特異の「違い込み」なのでしょうか?ネ。二本目です。毎月勤労統計を巡り、厚生労働省が前年同期と比べた実質賃金の伸び率を実態に近い形で計算し、結果を来週にも国会に示す方針を固めたことが31日、分かった。現在示している『参考値』よりも2018年1〜11月の平均で0.5%程度マイナスとなる。専門家から今の統計の数値が『実態に合わない』と批判が根強く、見直しは避けられないと判断した。」と【共同通信】が伝えています。厚労省の「インチキ」統計は、霞ヶ関が如何に?国民に対する姿勢が欠如して、“こうろう”無しの状態になっているかが鮮明になった、この邦の行政の転換点になるのでは?、と魔訶不思議で異常な愚老は考えていますが…。三本目です。総務省は31日、住民基本台帳に基づく2018年の人口移動状況を発表した。東京圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)は転入者が転出者を上回る『転入超過』が前年より1万4338人多い13万9868人となった。」と【時事通信】が伝えていますが、「“総務省”の統計」は大丈夫なのでしょうか?ネ。一極集中は既成の事実ですから、「大常備だーッ!」と言ったところでしょうか?ネ。四本目です。朝日新聞社は31日、今年1月に北海道版朝刊地域面に掲載した連載記事について、北海道新聞社が2016年に出版した写真集から引き写した部分が多数あり『事実上の盗用』と判断、連載を中止し、記事を取り消したと発表した。」と【日本経済新聞】が伝えていましたが、もう朝日新聞も没落への転換点を迎えているのでしょうか?ネ。ここ深大寺では、「販売店」でも問題を抱えているようですが…。五本目は、哀しい哀しい事件です。「千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡し、父親の勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、心愛さんが平成29年11月に回答した学校アンケートの全文が31日、分かった。心愛さんはアンケートの自由記入欄にお父さんにぼう力を受けています。夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています。先生、どうにかできませんか。と書いていた。」と【産経新聞】が伝えていましたが、このアンケート用紙は、「父親の恫喝に屈した教員が父親に渡した」とも報じられていますし、この学校の校長も「念書」を恫喝されていたようですネ。やくざ流の脅しに弱いのは、この邦のDNAなのでしょうか?ネ。学校も、児相も、子供を護れないニッポン万歳!なのでしょうか?ネ。この「みあ」さんも、住んでいたところから移転した後で、「殺され」ていますが、少し前の「お子殺し」も移転直後で、以前の学校・行政から転居後の学校・行政への情報が決定的に欠如していたことが原因だったはずですが、マタマタ児相も含めて「学習効果」は、この邦の「報告景気」と同様マイナスで、何もしない、何の責任も取らないこの邦の行政の姿を、この事件は映し出しているように、魔訶不思議で異常な愚老は感じていますが…。

    立野先生は、以前の「立野講座」でも、「この国の人々は、何時になったら学ぶのだろうか?。」とお話しであったことを今更のように想い出していますが、この邦の「政・官・財・報・専プラス有」のお偉いさんが、「学び」続ける魔訶不思議で異常な愚老程度にでも「学んで」くれますと、モットモットましな邦になっているのではないで昇華?ネ。そこで今日の一句ですが、<傲慢も学べば謙虚に早変わり>豚爺。大坂なおみさんもテニスの腕だけでなく、優勝後のインタビューでも、その謙虚さが世界中に受け入れられているようですネ。<稔ほど首を垂れる稲穂かな>の逆で、首を持ちあげ、顎を出す偉いさんで満ち溢れたこの邦でSHOW化?ネ。皆様方は、ドンナ一句をお詠みで消化?。皆様方の“愛”と“祈り”で、“貧困”と“戦争”を一掃し、この生命の星を護りましょう。愚老も願って祈っています。又明日です。デワデワ、でわ。

    コメント
    人生で悔いを残さない為
    子供達の幸せの為
    出来る限りの事を、皆でしましょう。
    • 北の家族
    • 2019.02.02 Saturday 09:19
    北の家族さん!。
    何時も有り難うございます。
    その通りですが、それがまた一番難しいことのようですが、
    子供たちの為に、その未来の為に、皆で頑張りましょう。
                         豚爺拝。
    • 澤井禮道
    • 2019.02.02 Saturday 12:38
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM