「落日は燃えているか」

サワイ・ワールドのブロ愚をお楽しみください。
CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< 昨日に続いて…!。 | main | 今日は、「立野講座」第5回の開催日です!。 >>
「傘」も、必要でしょうか?ネ!。
0

    「アゲダ 傘」の画像検索結果

    【街路の天井?が傘で覆われていますが、ポルトガル・アゲダの傘祭りが有名だそうですが、その綺麗な写真です。この邦では、昨日11日は、洋傘協会とやらが制定した「傘の日」だったそうですネ。今日のシンガポールの米朝会談は、「傘」の必要性はアーリマ専科!ネ。】

    ここ深大寺の朝は、冷たい雨も上がって19℃(5時半)と、愚老の体感的にはチョイ寒ですが、皆様方の所は如何でしょうか?ネ。マダマダ寒暖差も大きいようですので、お互い十二分に気を付けて、梅雨が始まりました「夏」の季節を、目一杯楽しみましょう。今日はシンガポールで、人類史上初となる米朝会談の開催予定ですが、想定された役者衆がお揃いなので、大丈夫でSHOW化?ネ。国内的には、アッカ―ちゃん連れで宗主国とカナダへ行っていたアベノソウリは、帰国したのでしょうか?ネ。「結果次第では、三選に暗雲」と評されていた「新潟県知事選」は花角さんが当選して、二階は「ホローの風になった」と安堵の発言でした。まだ続くのでしょうか?ネ。アベの暗い日々が…。永田町・霞が関のアベノツユゾラは、一日も早く明けて欲しいものですネ。Jcastニュース「元木昌彦の深読み週刊誌」6月8日付の面白い一節を頂いています。「百寿慶賀!中曽根康弘さん―あなたの最後の仕事は偽タカ派・安倍晋三に引導」との見出しの後に、「先日、『地図から消される街 3.11後の、【言ってはいけない真実】』(講談社現代新書)を書いた青木美希・朝日新聞記者と話した。彼女は朝日新聞の評判になった連載『プロメテウスの罠』で、手抜き除染の実態などをスクープして3度の新聞協会賞を受賞している。この本には、いまだに除染作業がいっこうに進まないことや、それなのに国と自治体は避難解除をして、避難者たちの気持ちを無視して帰還させようとしていることなど、当事者の証言で裏付けしている。帰還率が4.3%しかないところもあり、自治体も帰還者の人数を公表しなくなってしまった。子供のために地元を離れ他郷で暮らす母子避難者たちの多くは、夫婦仲が壊れ、地元民からは『裏切り呼ばわり』され、追い詰められて自殺する者までいる。年間1ミリシーベルト以下というのを、何の根拠もないまま年間20ミリシーベルトまで"大丈夫"だといわれ、帰らない奴は非国民とでもいうように補助金を打ち切り、避難者たちを見殺しにしている 会うなり、彼女にこういった。『これを読むと、怒りというヤワなものではなく、国に対して"殺意"を抱きます日本人という生き物は、忘れてはいけないことさえ、簡単に忘れてしまう。その国民性を熟知し、利用しているのが安倍首相であるこというまでもない。よく、中曽根康弘元首相と似ているといわれる。私は安倍はもちろんだが、中曽根という男も嫌いだ。国鉄民営化をして、日本の労働組合運動を潰した元凶である。もとより、まごうことなきウルトラタカ派である。」と「怒り」を込めて書いています。100歳の談話で、これからも国家国民の為、郷土の為に精進努力を重ね最後のご奉公に努める所存と不思議で異常な愚老流で言いますと、「またアホな事を言って…。」となりますで証化?ネ。そこで今日の一句は、

    偉いさん同床異夢で猜疑心>哲子。国が、体制が変わろうとも、偉いさんの仕事は、=民を護る事。不思議で異常な愚老は、これこそ万国共通の原理原則だ!、との「違い込み」?を続けてきたのでしょうか?ネ。

    皆様方はドンナ一句をお詠みでしょうか?。皆様方の英知を大結集して、この星から「貧困と戦争」を排除しましょう。愚老も願って祈っています。「五里霧」の先にある「永遠の明日」を信じて…。又明日です。デワデワ、でわ。

    | - | 05:45 | comments(0) | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする