Entry: main  << >>
親が、「我が子」を殺しています!。
0

     ここ深大寺の朝は、昨日の「真夏日」の暑さも残って雨が降っても19℃(5時半)とチョイ温ですが、台風の影響で今日・明日は雨の予想になっています。皆様方の所は如何でしょうか?ネ。マダマダ寒暖差も大きいようですので、お互い十二分に気を付けて、梅雨から始まりました「夏」の季節を、目一杯楽しみましょう。イヨイヨ今週は「立野講座」の第5回目です。今回のテーマは「永井荷風」で、千賀県市川市本八幡、不思議で異常な愚老も二十歳の頃二年間この街で暮らしていました。荷風さんも通われた「大黒家」は愚老も時々行った記憶で、「ウナギ」・「かつ丼」を食べていました。パソケンしますと、さすがの名店も去年の今頃「閉店」していました。時代なのでしょうか?ネ。「四畳半襖の下張り」、荷風さんの作といわれている有名な発禁本ですが、父が所蔵していて、愚老ガキの頃「盗み読み」した記憶です。「種の保存本能」なのでしょうか?。たんなる「平助?ごころ」なのでしょうか?。出来ちゃった子供は、「可愛くない」のでしょうか?ネ。「親殺しは重罪」で、「子殺しはタダ」なのでしょうか?ネ。このところ、育てなければならない「我が子」を殺す親が多くなっているように、不思議で異常な愚老の感性が、そのように受け止めているようです。ここのところは、全国の新聞コラムが取り上げています「5歳の衰弱死」ですが、イイのがありました。久し振りの九州は宮崎日日新聞コラム8日付の「くろしお」です。「巡礼の旅で粗末な小屋に泊めてもらった山伏。そこの老女に『奥はのぞくな』と言われたが、彼女の留守中にのぞくと人骨の山。逃げ出した山伏を、鬼になった老女が追う。能『黒塚(くろづか)』。『安達ヶ原の鬼婆』という伝説に由来しており、福島県二本松市には黒塚という鬼婆の墓もある。」と「鬼婆」登場で始まったコラムは、「伝説では、女はかつて主家の幼君の病気を治すために長旅へ。その目的のために旅先で殺した少女が、実は残してきたわが娘だったという過去を持つ。歌人馬場あき子さんは著書『鬼の研究』で、伝説が人々に語り継がれた背景に、女の本性がはじめから鬼ではなかったと納得したい感情を読み解く。女が鬼に変貌したのは『極限的な心情の混乱』によって追い詰められていたからだ、と。」とコラムの前半は「鬼婆」解説に全力をあげたコラム子は、一転、「狂気をはらんだ非情な心を鬼とするなら、この夫婦にはいつ鬼がすみ着いたのだろう。5歳の娘に暴行を加え、死亡させた疑いで父親と母親が逮捕された東京の事件。」と子供殺しの親に、鬼が住みついたと主張しますが、不思議で異常な愚老は、「鬼が怒るよ!」と「違い込み」していますが、今では「鬼より怖い人族様」のようですネ。コラムは続いて、「十分な食事を与えられず医者の診察も受けられなかった女児のノートが悲しすぎてやるせない。『もうおねがい ゆるして』『きょうよりかあしたはもっとできるようにするから』。悪いのは自分で、何とか親に認めてもらいたい。5歳児とは思えないほど利発で、けなげで、必死な訴えに人の心があればだれもが泣くはずだが…。」と全国の多くの人々が泣いた事件に思いを致したコラム子は、「岩手でも虐待で1歳9カ月の長男を死亡させたとして父親が逮捕されたばかり。人間の本性に鬼が巣くったとは思いたくないが同種の事件に接するたび、児童保護のため社会がもっと家庭に介入できる余地があるのではと考えてしまう。」とコラム子のやりきれない心を書いてコラムを閉じています。もう、体力も気力も衰えて、感じる心も薄れている不思議で異常な愚老の目も、この愚老のブロ愚の下書き中は、「ゴミが目に…!」の状態になっています。このニュースのコメント欄にも、「子供殺しは獄門!。」とありました。今年の「桜」を不思議で異常な愚老は、「咲かないうちに、散り始めた。」と表現していました。親が殺した多くの子供たちも、人間として未だ咲いてもいないうちに、散って(殺されて)います。永田町・霞が関に準じて、一般市民の世界でも「酷いこと」になっているようですネ。そこで今日の一句は、

    平成の鬼も逃げ出す新時代>哲子。新しい年号の時代が始まるのでしょうが、「鬼神泣壯烈」は、文天祥の「正気の歌」の二段目にある一節です。「鬼神様」も泣いてくれているでしょうか?ネ。幼くして散った子供たちの魂が昇天するまでの間、不思議で異常な愚老も皆様方とご一緒に泣かせて下さい。お願い致します。皆様方はドンナ一句をお詠みでしょうか?。

     皆様方の英知を大結集して、この星から「貧困と戦争」を排除しましょう。愚老も願って祈っています。「五里霧」の先にある「永遠の明日」を信じて…。又明日です。デワデワ、でわ。

    | テッツァマ | 05:45 | comments(0) | - |
    Comment








    Calendar

         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Comment

    Archives

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode