<< まだ「マイソフ」が、まとわりついています!。 | main | 今日は、「立野講座」の第二回目です!。 >>
2018.04.17 Tuesday

何時まで続くぬかるみゾ!。

0

     ここ深大寺の朝は、曇り11℃(5時半)とチョイ寒の体感温度ですが、皆様方の所は如何でしょうか?ネ。日替わりで寒暖の差も大きくなっていますが、お互い十二分に気を付けて、元気に春爛漫の季節を楽しみましょう。個人的な突発事項の解消には、それぞれがそれぞれの「方法」で解決を目指しますが、霞ヶ関でも同じ事のようで、「不在」・「黒塗り提出」・「改竄」とこの邦は長嶋さん以来「3」が大好きで、「三つの方法」で解決?してきたのでしょうが、もう一つ、つまり「第4の方法」は「辞任」・「解任」・「更迭」でしょうか?ネ。いいのがありました。福島民報15日付「第五の方法」と題したコラム「あぶくま抄」です。「当代きってのデンマークの人気作家、ユッシ・エーズラ・オールスンの代表作に「特捜部Q」シリーズがある。首都コペンハーゲンの警察で未解決事件を担当する面々の活躍を描く。日米の警察・探偵小説を読み慣れた人にとって人物や場面の設定が新鮮に映る。シリーズに不可欠な脇役として登場するアラブ人、アサドの存在が作品に深みを与える。出自に謎が多い。挿話される過酷な体験談からシリアで暮らしていたと想像できる。はっきりしているのは同国で続く内戦の惨禍は、脇役の人生はおろか、人格さえも変えたということだ。化学兵器を使って市民を殺傷したとして米、英、仏の各軍はシリアの首都ダマスカス近郊を攻撃した。当地の人々にとって暮らしを脅かす銃声に是も非もないだろう。ひたすらに安寧な生活を手にしたいというのが、切実な願いではなかろうか。攻撃を加えた国の首脳は「他に選択肢はなかった」と説明している。本当にそうなのか。危機にさらされたアサドがつぶやいたアラブのことわざが浮かぶ。「万策尽きたなら、第五の方法でラクダに乗れ」。真に人知を尽くせば、解決の糸口が見つからないはずはない−。今がその時だ」と叫んで?コラムを閉じています。そうですか?。「万策尽きたら、『第5の方法』」ですか?。「ラクダに乗る」んですネ。ラクダに乗って「逃げる」んで消火?ネ。それにしてもこのコラムで、不思議で異常な愚老が気になっていますのは、このコラム子は「第5の方法」を提案しているだけで、「1〜4」までの「解決方法」は、「隠蔽?」若しくは「無視」しています。コラム子に愚老が、いの一番に聞きたかったことは、「1〜4の方法」でしたのにネ。そこで今日の一句、<大に入って小だけなのよ物足りない>哲子。絶不調のパソコンに次いで、ビロウな雑俳で畏れ入りますが、「自然が呼んでいる」とばかりに便所を探し回って、ヤットこさ見付けて「大」に入ったら、探し回って「“大意”?を忘れて、“小異”に付いていた」昔の記憶が戻ります。皆様方は、どのような一句をお詠みですか?。

     皆様方の「」で、「生命の星」から「貧困と戦争」を駆逐したいと、愚老も強く祈念します。「五里霧」の先に見える「永遠の明日」を信じて…。又明日です。デワデワ、でわ。

    コメント
    いよいよ春ですね。8年越しにようやく桜が咲きそうです。
    • 北の家族
    • 2018.04.17 Tuesday 21:50
    北の家族さん!。
     
    何時も有り難うございます。
    そうですか?。丹精された「8年越しの桜」ですか?。
    それこそ「歴史的快挙!」になるのでは…。
    素晴らしい春になりそうですネ。
    おばあちゃんが、一番歓んでいるのでしょうか?ネ。
    ドウゾこれからも、よろしくお願いします。
    • 澤井禮道
    • 2018.04.18 Wednesday 05:38
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM