今日で「お彼岸」も、終わりですネ!。
0

     ここ深大寺の朝は、昨日の暖かさが残って7℃(5時半)とチョイ暖ですが、皆様方の所は如何でしょうか?ネ。桜の花も進んでいます。週末はお花見?。十二分に気を付けて、元気に桜の季節を楽しみましょう。「不倫」。政界も、芸能界も、「皆さん謝罪して、引退同様」ですが、「愛人」は相変わらずこの邦では大手を振って「お咎め」無しのようですネ。2014年からの愛人にうつつを抜かして、30年の付き合いを「放置」、映画・テレビと芸能界の帝王「たけし」は、大威張りで「お咎め」無しなのですネ。この邦はヤッパリ、「一強多弱」が原理原則なのでしょうか?ネ。「万世一系の天皇」と崇めまくって、利用して時の権力者になって以来、時代が変わろうとも同じ手法が通用する邦、つまり「権力」を利用出来る輩なら、どんなお人でも天下を取れるのでしょうか?ネ。不思議で異常な愚老一人が首をかしげたところで、何も変わりませんが、南相馬大学の佐々木総長直轄の「モノディアロゴス」以来、愚老のブロ愚を書くようになってからこの3月22日で、丁度満7年、ほぼ休まずに言い続けましたのは、「“貧困と戦争”の排除」。「国家権力を、主権者の手に」。「ベーシックインカムの即時実施」の「三大テーマ」だったと考えています。答えはベーシックインカムか?と、2018年3月15日。ニューズウィーク日本版。が「ホーキング博士の危惧」として伝えています。「米インディアナ州ボールステイト大学の調査によれば、2000〜2010年の製造業における雇用喪失の87%は、自動化と技術革新が原因だった。米大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパースによれば、アメリカでは自動化に伴い、今後15年間で40%近くの雇用が奪われる可能性があるという。ホーキングは昨年11月の米誌ワイアードのインタビューで、AI(人工知能)の進歩でこれから何が起きるか心配だ、とも語っていた。『もう後戻りはできない』『AIの開発を進める必要はあるが、それがもたらす真の脅威にも注意すべきだ。AIが完全に人類と置き換わるのではないかと心配している』。テスラを創業したイーロン・マスクとマイクロソフトを作ったビル・ゲイツもこの問題を重視してきた。マスクは、政府が暮らしに必要な最低限のお金を無条件で全ての国民に配る『ユニバーサル・ベーシックインカム』の導入を支持し、自動化の拡大で必ずそれが『必要』になる、と主張する。ゲイツは人間の仕事を奪うロボットに課税すべきだ、と言ってきた。『年収5万ドルを稼ぐ工場労働者なら、その収入に対して課税され、所得税や社会保険料などを全て負担している』と、ゲイツは米ビジネスメディア『クオーツ』のインタビューで言った。『もしロボットが人間に置き換わるなら、人間と同じように課税すべきだ(ロボットの持ち主に)』」。とありましたが、不思議で異常な愚老はご承知のように、前から「ベーシックインカム」推進派です。ホーキング博士の遺言となりますと、世界中の国家権力も飛び付くのではないでしょうか?ネ。最近この邦では、「“まっとう”な政治」と「まっとう」が「正義」であるように報じられていますが、そうでしょうか?ネ。一年以上も「モリ・カケ・スパコン」に振り回されているアベノクビ一つも取れない野党と報です。「まっとう」を丁寧に言えば、つまり、前に「お」を、後ろに「さん」を付けますと、「蕎麦屋の出前」で「“お”まっとう“さん”」でしょうか?ネ。言葉遊びさえ、「哀愁」を帯びてきたように不思議で異常な愚老は「Just feel」しています。そこで今日の一句です。

    花咲けど心動かず我老いぬ>哲子。一昔前なら花が咲きますと、「我が季節到来!」とばかりにはしゃぎまわっていたはずですのに、今年は厳冬を越えた今でも「シラー!」としていますネ。それでも不思議で異常な愚老は、「学ぶ心」は忘れません。立野先生の講座開始は4月4日で、もう直ぐです。体調を整えて飛んでいきます。皆様方は、ドンナ一句をお詠みでしょうか?ネ。皆様方の「優しさと祈り」で、この「生命の星」から「貧困と戦争」を一日も早く排除したいと、愚老も強く祈念しています。「五里霧」の向こうに見える「永遠の今日」を信じて…。デワデワ、でわ。又明日です。

    | テッツァマ | - | 05:45 | comments(2) | - |
    澤井ゼミ長!

    たった今、きのうのブログの談話室で、長口舌を弄したばかりです。どうぞお目とおしを。
    Donkeyfoot
    | Masahiro Tateno | 2018/03/24 6:25 AM |
    立野先生!。ご愛読の皆様!。
     
    謹んで申し上げます。何時も有り難うございます。
    今日24日12時45分に、サンチョ校正省大神からメールで、
    「立野先生の談話が入っていますが、お気付きでしょうか?ね。」とありました。「春疲れ?」状態の愚老を認識して、
    「師恩」に対する「粗相」があっては、「人間の道に反する」とのサンチョ大神の温かい「忖度」でありましたでしょうか?。あるいは、「違い込み」の連鎖でありましたでしょうか?。
    立野先生。ご愛読の皆様。どうぞ昨日の日付で、愚老の「相聞歌?」が入れてありますので、お読み頂きますようにお願い致します。どうぞこれからもよろしくお願い致します。既読の皆様には、ご失念下さい。
                         深大寺 貪爺拝。
    | 澤井禮道 | 2018/03/24 1:41 PM |