<< 昨日に続いて、「あの日の事」です!。 | main | 「桜の開花予想」が、17日になっています!。 >>
2018.03.13 Tuesday

「桜はまだかい?ナ」の心境でしょうか?ネ!。

0

     ここ深大寺の朝は、晴れて4℃(5時半)とチョイ寒程度ですが、皆様方の所は如何でしょうか?。お互い十二分に気を付けて、元気に間も無くの桜の花を待ちましょう。

    立野先生の昨12日のコメント(南相馬大学のコメント欄も、立野先生の御提案で「談話室」になっていますので、今日からは「先生の“談話”」、とさせて頂きますので…)“談話”に、「ふと、今夜はあいつから電話がかかってきそうな晩だなぁと、どこかで心待ちにしている自分がいまだに意識されます。」とありましたが、親が、子供が、友人が生存している地を“故郷”というのなら、故郷の“温かい心”を「Just feel」出来る“談話”でした。不思議で異常な愚老も、「心待ち」が数寄です。「行動は起こせないが、行動を起こしても引き寄せたい“今”がある」のですが、「耐えて待つ=心待ち」でしょうか?ネ。「独りが嫌」なのではなく、「寂しがりや」と「勉強嫌いが先生への不信」とつながっていて、「好きな先生の学科」なら何でも好き」だった不思議で異常な愚老も、ガキの頃から?「恩師」と「親友」を探し求めてきました。しかし、「恩師」か?と思えば「詐欺師」「ペテン師」「インチキ野郎」の類で、「親友」か?と思えば、「晋遊」「心憂」だったりと、「自分の理由」あるいは「自己責任」ですのに、「我が人生に、師友無し」などと「」マンを続けていましたが、「切腹以来」ここ深大寺へ移ったその日から、ほぼ毎週末通い続けてくれるサンチョ校正省大神は、生涯ただ一人の「勝手連親友」と呼ばせて頂けるものと確信しています。又愚老のブログをご愛読くださいます皆様方はすでにご承知のように、昨年秋には「勝手連子路」ながらも「三感師恩」が実現しています。有難い事でございます。さて今日の愚老のブロ愚のテーマは、先日とは逆に怒りのBadnewsばかり三本で、一本目は、「財務省は十日、学校法人『森友学園』への国有地売却に関する決裁文書に書き換えがあったと認める方針を固めた。契約の『特殊性』といった当初の記述を削除した例が複数判明したとの調査結果をまとめ、十二日に国会に報告する。関与した近畿財務局の担当職員や本省幹部らの懲戒処分を今後検討する。複数の政府関係者が明らかにした。野党は『政権の隠蔽体質』への批判を強める構えで、安倍晋三首相や麻生太郎副総理兼財務相の政治責任を問う声が与党で高まる可能性もある。」と東京新聞が伝えていますが、それにしても遅いですネ。災害復興と自己成敗は…。二本目です。「東京電力の小早川智明社長は11日、福島第1原発で廃炉作業の拠点としている新事務本館で社員に訓示し『今も5万人が帰還できずにいる。福島への責任を果たすことが当社の存在意義だと肝に銘じ、復興に向けた覚悟と決意を共有しよう』と述べた。小早川氏は第1原発の労働環境の改善を『火事場のような状況から普通の現場に近づいた』と評価。今年着手する3号機の使用済み核燃料の取り出しなどに触れ、リスク低減を進めようと呼び掛けた。」と共同通信が伝えていますが、「完結責任能力」がすでに無い「盗電」が、「♪今さら何を言ってるのサ」と不思議で異常な愚老の自脳の鼻歌です。「国家権力」が、現在は「アベノセイケン」が、「全力で責任を果たすべき事案だ」と、愚老は確信しています。三本目は、リニア中央新幹線の建設工事を巡る大手ゼネコン4社の談合事件を受け、道は大成建設と鹿島の2社を近く指名停止処分にする。一方、道議会庁舎の新築工事については、大成建設が代表の共同企業体(JV)と月内に請負契約を結ぶ予定で、4月着工の方針は変えていない。道は『指名停止前に落札されており問題はない』と説明するが、談合事件で処分予定の相手と新たな公共工事契約を結ぶことに疑問の声が出ている。」と故郷北海道新聞が報じていますが、「疑問の声」程度の報道しか出来ないものなのでしょうか?ネ。今でも土建屋行政が、この邦では大手を振って罷り通っているので証果?ネ。これは不思議で異常な愚老の推測でしかありませんが、マダマダ札幌でも「行政のドン」が生き残って、羽振りを効かせているのでしょうか?。この邦では、「主権者はドンだ!」なのでしょうか?。「三感師恩」ならぬ「惨姦死怨」と新四字熟語が必要な事態が続いているようですネ。敗戦後、この邦の主権は、何時も「不逞の輩たち」に握られてきました。そこで今日の一句は、マタマタ山頭火風?です。

    一票だけでない主権が他にもあり>哲子。一日も早く行政に巣食う「ドンでもない野郎たち」を成敗して、この邦の“主権”を「“真の主権者”の下に置きたい」ものですネ。

    皆様方は、ドンナ一句をお詠みになられたのでしょうか?ネ。

     皆様方の「祈りと優しさ」で、この地球上に「貧困と戦争」の無い世界が一日も早く実現しますように、愚老も強く祈念しています。「五里霧」の向こうに見える「永遠の明日」を信じて…。デワデワ、でわ。又明日です。

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM